『イタリアの教育と子育てについて』インタビューを受けました!

カルネヴァーレ

二月は逃げると言いますが、あっという間に今年も謝肉祭の時期となりました。

北イタリアが一年で一番寒いこの時期は、イタリア全土でカルネヴァーレの季節です。街ではお喋りという名前のお菓子、キャッケレがお菓子屋さんやバールで見かけられます。

私たちの学校でも、子どもたちと仮装フェスタをしました。一瞬でもパンデミックを忘れて、皆で楽しい時間を過ごすことができました。

私たち大人はあれこれ悩んだり、心配したり、この見通しの立たない社会状況に翻弄されてしまいがち。でも、子どもたちに限っては、いつも元気でキラキラと眩しいほどに輝いていて、混沌とした世界に希望の光を与えてくれます。

さて、今日は嬉しいニュースがあります!

育てるを考える、子育て情報メディアのKIDSNAさんより、『イタリアの教育と子育てについて』インタビューを受けました。モンテッソーリ発祥の地であるイタリアから、日本の皆さまにお送りする最新のイタリア教育事情となっています。

掲載記事は、前半と後半に分かれています。前半が教育編、後半が子育て編となります。

よろしければ、以下のリンクより、ご覧ください。

************************************************************

子育てメディアkidnaさんのインタビュー前半:

【イタリアの教育】褒める文化で自立心を育むアモーレと芸術の国

子育てメディアkidnaさんのインタビュー後半:

【イタリアの子育て】フルタイム週18時間労働を実現する家族中心社会

************************************************************

そして、来月に予定しているのが、アサヒトラベルインターナショナル(株)さん主催のオンライン上でのモンテッソーリ対談です!こちらも只今、参加者を募集中です。

香りのプロフェッショナルであるアロマセラピストの大橋マキさんと、今、これからの教育に本当に大切な本質は何か?それぞれの立場から、よりホリステイックな視点へと、モンテッソーリ教育の神髄に触れる考案を深めていきます。私にとっても大好きな友人との夢のようなコラボです。この機会に是非、皆さまのご参加をお待ちしています。

申し込み詳細はこちらの記事をご覧ください。

オンライン対談のお知らせ:ホリスティック x モンテッソーリ教育

まだまだコロナの影響でステイホームが日常化して、我が家でも外出はできるだけ自粛しています。一時帰国もままならないそんな緊迫した中、オンライン上では空を超えて一瞬でつながれる喜びも。素敵な時間になる予感です。少しずつ日も長くなり始めて、春の気配を感じています。皆さまもどうかご自愛を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください